専任教員

職氏名
教授
永井 博敏
学位
学士(教育学)
専門分野
理科・生活科教育
研究テーマ
幼児期の自然認識と探索活動   
障がい児保育及び障がい者理解
所属学会
日本保育学会
主な担当科目
子どもと自然、生活科の研究、障がい児保育
教育活動
上記科目に関してフィールドワーク・アクティブラーニング・ケースカンファレンスを取り入れた授業の構築
基礎教養科目におけるTV映像の資料活用による授業の深化
研究活動
幼児期の自然認識と探索活動の関連
身近な素材の活用による動くおもちゃの開発・実践
幼保小の接続及び連携に関するさまざまな視点からの研究
発達障がい児の保育に関する諸問題と保育観
保育科学生の障がい者理解と保育者養成
社会的活動
教員免許更新講習講師
主要業績
○38年間にわたる小中学校教員及び県教育庁職員としての職務を通して学校教育、教育行政の推進に携わった。
○県教育庁幼児教育担当指導主事として県内幼稚園の指導と教員研修にあたった。(昭和62年〜平成7年)
○「アクティブラーニングとしての栽培活動に関する一考察〜「生活科の研究」におけるジャガイモのプランター栽培〜(聖園学園短期大学研究紀要第45号)
○科目「障がい児保育」のレディネス調査に見る学生の障がい理解についての考察〜5年間の調査の累計分析を通して〜(聖園学園短期大学研究紀要第47号)
○低学年理科・生活科の授業におけるVTR、マイクロカセット録音等を用いた抽出児童の言動による授業分析
○身近な素材を活用した「うごくおもちゃ」の製作と授業への活用
○幼児教育の在り方に関する実践的調査研究〜身近な自然や野外施設の利用を通して〜